VM26*

VCIX取得を目指して勉強中

vSphere Web Clientでのライセンス適用方法

vSphere Web Clientでのライセンス適用方法について記載します。
 
ぼやっとした記憶ですが、バージョン5.1のころにESXiを期限切れにしてからライセンスを割り当ててvCenterに登録しようとしたら、どうしてもうまくいかなかった覚えがあります。
 
本記事ではvCenter Serverのライセンスを適用していますが、同様の方法でESXiなどの他の製品についてもライセンス適用できます。(ただし、vCenter Serverの管理下に入っているものに限ります)
 
バージョン6.0から6.5になってライセンス適用する際のUIが少し変わりましたが、それほど大きな違いはなかったです。
バージョン5.5まではvSphere Clientでライセンス適用していたので、バージョン6.0のときは少し手間取りましたが…。
 
大まかな流れ:ライセンスキーの登録→登録したライセンスキーの割り当て
 
【ライセンスキーの登録】
 
「ホーム>管理>ライセンス」のライセンスタブをクリックし、緑のプラスをクリックします。
 

f:id:udon0418:20170509224516p:image

 
水色の枠で囲われた部分にライセンスキーを入力し「次へ」をクリックします。
 

f:id:udon0418:20170509224519p:image

 
ライセンス名(任意)を入力し「次へ」をクリックします。
 

f:id:udon0418:20170509224520p:image

 
内容を確認し「完了」をクリックします。
 

f:id:udon0418:20170509224522p:image

 
登録したライセンスキーがリストに追加されます。
 

f:id:udon0418:20170509224532p:image

 
【登録したライセンスキーの割り当て 】
 
ライセンスタブから資産タブに移り、先ほど登録したライセンスキーを製品に割り当てます。
今回はvCenter Serverにライセンスを割り当てるため、「vCenter Serverシステム」にあるvCenter Serverを右クリックして「ライセンスを割り当て」を選択します。
 
(ESXiのときは「ホスト」から割り当て可能です)
 

f:id:udon0418:20170509224524p:image

 
先ほど登録したライセンスキーを選択し、「OK」をクリックします。
 

f:id:udon0418:20170509224527p:image

 

f:id:udon0418:20170509224529p:image

 
ライセンスキーを割り当てたことで、画面上部の警告は表示されなくなります。
また「製品」列の表示が「評価モード」から変更されていることが確認できます。