VM26*

VCIX取得を目指して勉強中

テンプレート化した仮想マシンをvCenter無しでデータストアから復旧させる方法

仮想マシンは例えばESXiが壊れても、データストア(仮想マシンを保存する領域)が無事であれば、再度パワーオンできる状態に戻すことができます。
 
具体的にはESXiを再構築後に、データストアブラウザから復旧させたい仮想マシンのvmxファイルを選択した状態で右クリックし、[仮想マシンの登録]をクリックします。
 

 

 

 
ただ、vCenterで作ったテンプレートについてはこの方法は使えません。なぜなら、vmxファイルがないからです!
 

 
その代わりにvmtxというファイルが存在します。
 
実はvCenterのvSphere Web Clientの[仮想マシンへの変換...]というメニューは、このファイルをvmxファイルに変換しているのです。
 

 
つまり、このvmtxファイルの拡張子をvmxに変換すれば、仮想マシンとして登録可能です。
 
無論、ESXi単体だとクローンができないため、テンプレートとして再活用したい場合は、編集前にスナップショットを取得し、vCenter再構築後にスナップショットとクローン駆使することで対応可能です。